債券相場は堅調、景気楽観見通し後退-1.285%と3カ月半ぶり低水準

債券相場は堅調(利回りは低下)。 新発10年債利回りは1.285%と3カ月半ぶりの水準まで低下した。機 械受注の減少などから景気の楽観見通しが後退するなか、米国の債券 高・株安も相まって長期や超長期ゾーンが金利低下をけん引した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。