【個別銘柄】輸出や設備投資、半導体装置、三晃金、サイゼリ、米久

8日の日本株相場における材料 銘柄の値動きは以下の通り。

輸出関連株:トヨタ自動車(7203)が3.3%安の3470円、ホ ンダ(7267)が5.5%安の2390円、ソニー(6758)が1.7%安の 2315円など。外国為替市場で1ドル=94円台前半まで円高が進み、 輸出企業の収益懸念が高まった。日本銀行の企業短期経済観測調査 (短観、6月調査)によると、企業の09年度想定為替レートは1ド ル=94.85円。

設備投資関連株:ファナック(6954)が2.5%安の7460円、 コマツ(6301)が3.5%安の1385円、オークマ(6103)は2.4% 安の403円など。朝方発表の5月の機械受注は季節調整済みで前月 比3%減と、予想に反し3カ月連続のマイナス。企業による設備投資 の慎重姿勢が根強いことを示す内容となったことが嫌気された。

半導体製造装置関連株:東京エレクトロン(8035)が5.2%安 の4340円、日立国際電気(6756)が4.1%安の662円、大日本ス クリーン製造(7735)が8.7%安の263円など。米調査会社ガート ナーが2009年の世界のIT投資額は前年比6%減になりそうとの予 想を示し、業界の先行きが懸念された。クレディ・スイス証券がグロ ーバル半導体設備投資予測を、業界判断を引き下げたこともマイナス。

イオン(8267):3.6%安の846円。第1四半期(3-5月) の連結最終損益が25億円の赤字になった、と7日に発表。前年同期 は93億円の赤字。景気悪化を背景に衣料品や住居用品などの販売が 減少し、主力の総合スーパー事業が振るわなかった。

三晃金属工業(1972):6.9%高の374円。8日付の日本経済 新聞朝刊は、政府・与党が7日、温暖化ガス削減策の一環として 2020年までに全国すべての公立小中学校、約3万2000校で太陽光 発電を導入する方針を固めた、と報じた。三晃金属はソーラー屋根を 手掛けており、特需の恩恵を受けるとみられた。

サイゼリヤ(7581):4.3%高の1455円と反発。9カ月累計 (08年9月-09年5月)の連結最終損益は70億円の赤字、デリバ ティブ解約損を153億円計上したことが響いた。ただ、セットメニ ュー、100円台のサイドメニューの好調などで下期から既存店売上高 が回復傾向、客単価上昇で利益率も改善していることを評価した買い が優勢になった。

住江織物(3501):13%高の151円。16%高の156円まで上げ、 1月9日に付けた年初来高値(150円)を半年ぶりに更新した。自動 車用内装の受注低迷が続く中、人件費などのコスト圧縮効果により、 前期(09年5月期)の連結営業損益は一転して黒字を確保したもよ う。コスト削減を含むリストラ策の進展を評価した買いが膨らんだ。

三井物産(8031):変わらずの1070円。相場全般が安くなる 中で、一時は2.1%高の1092円まで上げた。同社は8日、カナダの 資源開発会社カナダリチウムコープから日本、中国、韓国でのリチウ ム販売の独占マーケティング権を得たと発表。また、みずほ証券は7 日付で同社の投資判断を「3(ホールド)」から「1(強い買い)」 に上げている。

パル(2726):5.3%高の1705円。第1四半期(3-5月)の 連結純利益は前年同期比33%増の4億3100万円となった。衣料事 業でユニセックス、タウンカジュアル、アウトレットなどの業態が伸 びたほか、雑貨部門も堅調に推移した。6カ月累計(3-8月)の純 利益予想6億7000万円に対する進ちょく率は64%。

米久(2290):8.9%安の941円と急反落。今期(10年2月 期)の連結純利益は従来予想を16%下回り、前期比94%増の19億 4000万円となる見通し。消費低迷と食肉価格下落の影響を受け、加 工品・食肉事業が落ち込む。

ミクシィ(2121):17%高の68万7000円と急反発。モルガ ン・スタンレー証券は7日付で、投資判断を「イコールウエート」か ら「オーバーウエート」、目標株価を35万円から85万6000円に 引き上げた。またUBS証券では「買い」の投資判断を据え置き、目 標株価を53万円から90万円に引き上げている。

タカキュー(8166):午後に急伸し、8.9%高の172円で終了。 一時は27%高の200円まであった。午後1時に発表した第1四半期 (3-5月)の単独決算は、営業利益が前年同期比14%減の4億 4700万円となった。ビジネス関連の小物商品を新規展開したことな どが寄与し、客数は1割強増えたが、客単価の低下を補えなかった。 ただ、通期(10年2月期)予想の5億円に対する進ちょく率は89% に達し、業績上積みを見込む買いが膨らんだ。

ミニストップ(9946):1.5%安の1579円。第1四半期(3- 5月)の連結純利益は前年同期比13%減の2億2500万円となった。 主力の国内コンビニエンスストア事業では、たばこ自販機用成人識別 カード「タスポ」の導入効果でたばこの売り上げ増加が続いたが、米 飯などの商品群が低迷した。

JSP(7942):4.6%安の702円。09年4-9月期の連結営 業利益は会社予想の10億円に届かず、前年同期比60%減の7億円 程度となる公算が大きい、と8日付の日経新聞朝刊が報道。自動車の バンパー素材や家電製品の輸送に使う包装材の需要が鈍く、販売数量 が減るため。

ディー・エヌ・エー(2432)3.6%安の32万1000円。モルガ ン・スタンレー証券が7日付で、投資判断を「オーバーウエート」か ら「イコールウエート」、目標株価を38万円から35万6000円に 下げた。

日本電産(6594):3.8%安の6040円と3日続落。クレディ・ スイス証券は7日付で、投資判断を「アウトパフォーム」から「中 立」に引き下げた。

電通(4324):3.5%安の1874円。6月単体売上高は前年同月 比16%減の1100億円。主軸のテレビが15%減と落ち込んだ上、新 聞や雑誌も2けたの下落率を記録した。

ノーリツ(5943):3.8%安の1002円。米系投資ファンドのス ティール・パートナーズが関東財務局に提出した大量保有報告書によ ると、1日にノーリツ株77万1700株を市場外取引で売却。発行済 株式総数に対する保有割合は従来の18.6%から16.77%に低下した。

ファブリカトヤマ(3129):12%高の152円と急伸。渋谷工業 (6340)がファブリカを株式公開買い付け(TOB)で完全子会社 化する、と7日に発表。買付価格152円にサヤ寄せした。買付資金 は最大19億円、買付期間は8日から8月26日まで。

日本フイルコン(5942):3.7%安の465円。09年11月期通 期の連結営業損益は4億5000万円の赤字に転落する見込み。従来予 想は6000万円の黒字、前期実績は8億5000万円の黒字だった。紙 パルプ業界で減産が続いているほか、抄紙用網の保有在庫圧縮を進め ていることもマイナス要因。

エス・ディー・エス バイオテック(4952):200円(15%)高 の1499円と3日連続のストップ高で、上場来高値を更新。午前10 時45分に、1-6月期の単独営業利益が従来予想の2.9倍、前年同 期比2.9%増の5億7000万円になったもようと発表したことを材料 視。好採算の除草剤の需要が底堅く、コスト削減効果も寄与した。

ベルパーク(9441):11%高の13万5700円で、連日の年初来 高値。米アップルの音楽プレーヤー付き携帯電話端末「iPhone (アイフォーン)」の販売好調などを受け、今期(09年12月期) の業績予想を6日に上方修正。収益上振れを好感した買いがこの日も 続いた。

ネットプライスドットコム(3328):6.2%安の8万6000円。イ ンターネット上での共同購入サービス事業で、6月の週平均受注高が 前年同月比4.6%減の2億1500万円となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE