5月の独鉱工業生産:3.7%上昇-93年8月来の大幅な改善 (Update1)

ドイツ経済技術省が8日発表した5 月の鉱工業生産指数(製造業と建設業、公益事業、鉱業が対象)は、 季節調整済みで前月比3.7%上昇し、1993年8月以降で最大の改善と なった。欧州一の経済大国であるドイツの経済が底打ちしつつある兆 候が強まった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト38人を対象 にした調査の中央値では、0.5%上昇と見込まれていた。前年同月比 では営業日調整済みで17.9%低下した。4月の指数は前月比2.6% 低下(速報値=1.9%低下)に下方修正された。

ドイツ銀行のドイツ担当チーフエコノミスト、シュテファン・ビ ールマイヤー氏(フランクフルト在勤)は「独経済は安定化しつつあ るが、極めて低い水準だ。鉱工業セクターは引き続き大きな余剰能力 に直面している」と語った。

5月の投資財生産は前月比で8.3%の急増。製造業生産は5.1%増、 中間財生産は4.3%増となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE