長期金利1.2%台は「買われ過ぎ」、持ち高圧縮必要-テクニカル分析

みずほ証券チーフマーケットアナリ ストの三浦哲也氏は、新発10年債利回りの1.2%台は、テクニカル指 標から買われ過ぎの領域にあると指摘し、売りを出してポジション(持 ち高)を圧縮することを推奨している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。