EU、米バイオディーゼルに5年間課税へ-補助金や安値販売に対抗

欧州連合(EU)は7日、米国産バ イオディーゼルの輸入品に今後5年間、反ダンピング(不当廉売)関 税を課すことを決めたと明らかにした。補助金を受けて安い価格で販 売されている米国製品にEU域内の生産会社が対抗できるよう後押し する。これにより、米・EU間で貿易摩擦が起こる恐れが出てきた。

この関税は、米政府の補助金を受けEU域内で原価を下回る価格 で販売している米バイオディーゼル生産会社には打撃となる。影響を 受ける企業には、穀物加工最大手の米アーチャー・ダニエルズ・ミッ ドランド(ADM)や米農業最大手カーギルが含まれる。バイオディ ーゼルは、植物油などから造られる燃料で、ディーゼルエンジンに用 いられる。

EUは決定内容の発表で、域内のバイオディーゼル生産会社が、 米国からの「補助金を受けた低価格の輸入品の急増」により、「大きな 損害」を被ったと説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE