英財務相、国内銀行に事業活動終了プランの策定を要請へ-関係者

ダーリング英財務相は国内銀行に対 し、経営が失敗した場合に事業活動を終了するプランを策定し、破た んに備えるよう求める方針だ。関係者1人が明らかにした。

今回の要請は、金融サービス規制強化の法制化に向けた財務省の 提案の一部。ダーリング財務相が現地時間8日午後零時半(日本時間 同8時半)に議会で提案を発表する。

こうした規則は、英政府が昨年、英銀ロイヤル・バンク・オブ・ スコットランド・グループ(RBS)や住宅金融のロイズ・バンキン グ・グループの救済を余儀なくされた金融市場混乱の再発を防止する 狙いがある。ブラウン政権は規制改革でオバマ米政権との協調を図っ ている。

ニューヨーク大学スターン経営大学院のビラル・アチャリャ教授 (金融学)は「これまでの措置は不十分だ。解決の仕組みを整備する 点で大きな違いが出てくるだろう」と語り、「現時点で政府は、銀行 が円滑に事業を終了できるようにしておく必要がある」と述べた。

同関係者によると、財務相は、経営破たんに伴う損失負担を債券 保有者が株主と分け合うことを義務付けることなども、新たな規制に 盛り込む意向だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE