政府:景気認識を3カ月連続で上方修正へ、7月の月例経済報告-日経

8日付の日本経済新聞朝刊は、政府 が7月の月例経済報告で景気の基調判断を3カ月連続で上方修正する検 討に入ったと報じた。輸出や生産の指標が改善傾向となるなか、政府の 追加経済対策の効果が個人消費の一部に波及する兆しがある点を評価し ているためとしている。情報源は示していない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。