胡錦濤国家主席がイタリア訪問を中断、新疆での暴動で-AFP通信

中国の胡錦濤国家主席は新疆ウイグ ル自治区で150人強が死亡する暴動が起きたため、イタリア訪問を中断 することを決めた。AFP通信が8日、イタリアのANSA通信の報道 を引用して伝えた。胡錦濤国家主席はイタリアで開催される主要国首脳 会議(ラクイラ・サミット)に参加する予定だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。