米国株:大幅下落、業績不安やIT投資の縮小予想で-ダウ161ドル安

米株式相場は大幅下落。S&P500 種株価指数は5月1日以来の安値をつけた。IT(情報技術)投資の 減速予想や、4―6月期の企業決算が4カ月間にわたる株価上昇を裏 付ける内容にならないとの懸念が広がった。

ソフトウエア最大手のマイクロソフトや検索エンジンのグーグル が大幅安。調査会社ガートナーが今年のIT投資は6%減との予想を 示したのが手掛かりだった。

クレジットカード会社ディスカバー・フィナンシャル・サービシ ズも急落。5億ドルの新株発行計画が嫌気された。全米最大の製油業 者バレロ・エナジーは、ガソリン価格の大幅安を材料に急落した。

フィラデルフィア・トラストのリチャード・シーシェル最高投資 責任者(CIO)は、「これまでの株価上昇は急速過ぎた感じがある。 この先の決算発表シーズンを控え、あまり明るいムードではない。経 済活動が年内に持ち直すかどうか、依然として多くの疑問がある」と 述べた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比2%安の881.03。ダウ工業株30種平均は161.27ドル (1.9%)下落の8163.60ドルで終えた。ナスダック総合指数は2.3% 安の1746.17だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE