AIG敗訴、前CEOに対する43億ドルの請求を連邦裁陪審が棄却

米保険会社アメリカン・インターナ ショナル・グループ(AIG)が43億ドル相当の株式を横領されたとし て元最高経営責任者モーリス・グリーンバーグ氏の会社、スター・イン タナショナル(SICO)を訴えていた裁判で、ニューヨークの連邦裁 判所の陪審は7日、背任の罪にはあたらないとして、AIGの請求を棄 却した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。