米ゴールドマン:CMBS再パッケージした「リリミック」販売へ

ゴールドマン・サックス・グルー プは、商業用不動産ローン担保証券(CMBS)をパッケージし直し た証券2億1690万ドル(約206億円)相当を販売する。事情に詳しい 複数の関係者が明らかにした。

ゴールドマンが販売するのは「リリミック(Re-Remic)」と呼ば れる商品。関係者が匿名を条件に語ったところによると、同社は2006 年に販売したCMBS、4銘柄を再パッケージする。このリリミック 証券は来週にも販売される見込みだという。

CMBSはホテルやショッピングセンター、オフィス物件など商 業用不動産向け融資の債権を証券化したものだが、リリミックはこの 証券をさらに証券化して新たな債券とすることで、損失に対する保護 を厚くしたり、格下げされたCMBSからより高格付けのトランシェ を作り出したりできる。リリミックの正式名称は「resecuritizations of real estate investment conduits(不動産投資コンデュイットの 再証券化)」。コンデュイットは投資目的の簿外会社。

ゴールドマンのニューヨーク在勤広報担当者、マイケル・デュバ リー氏は直ちにはコメントできないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE