トヨタ:GMとの米合弁事業めぐる決定、7月中は難航か

トヨタ自動車は米ゼネラル・ モーターズ(GM)と設立した合弁会社について、存続させるか閉鎖 するか、今月中の決定を目指しているが、GMの破産法申請により難 航するとみられている。

事情に詳しい関係者によると、トヨタはGMと設立したニュ ー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング(NUMM I)の単独経営者になるかどうかを今月末までに決定したい考えだ。 GMは6月29日にNUMMI事業からの撤退を表明した。

GMが当局に提出した文書によると、同社は債権者に資金を返 済するため、閉鎖した工場や不動産、その他不要な資産を競売にか ける。これにはNUMMIも含まれている。

NUMMIの今後についての事業戦略が一般公表されていない として、匿名を条件に応じた同関係者によると、トヨタは特別チー ムを編成し、NUMMIの価値を評価し、同事業の権益取得に関す る交渉が開始する前に今後の方針に関する結論を出すもようだ。

原題:Toyota Goal of July Decision on Venture May

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE