中国銀監会:融資急拡大のリスク警告、一部業界への集中などを問題視

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)は、与信の急拡大は同国の銀行にリスクをもたらすとともに、融 資が一部業界や企業に集中している状態は金融システムに問題を生じ させる可能性があると警告した。

銀監会の紀律検査委員会書記、王華慶氏は講演で、銀行は借り手 のデフォルト(債務不履行)によるリスクを分散するためシンジケー トローン(協調融資)を増やすべきだと指摘した。講演内容は7日に 銀監会ウェブサイトに掲載された。

1-5月の中国の銀行による新規融資は、前年同期比で約3倍の 5兆8400億元(約81兆3000億円)と過去最高に膨らんだ。同国 政府が昨年11月、景気減速を食い止めるために融資規制を緩和した ことが背景にある。銀監会は今年5月31日、「リスクの蓄積」を警 告し、銀行に対し新規融資の質を確保するよう命じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE