香港株(午前):上昇-中国蒙牛が一時12%高、投資会社など出資で

午前の香港株式相場は上昇。ハンセ ン指数は約1週間ぶり安値から戻している。キャセイ航空(293 HK) や複合企業の華潤創業(チャイナ・リソーシズ・エンタープライズ、 291 HK)が、証券会社の投資判断引き上げを好感して買われた。

キャセイ航空は5.9%高。JPモルガン・チェースが投資判断を 「オーバーウエート」に引き上げた。華潤創業は2.9%上昇。中国の 牛乳メーカー、中国蒙牛乳業(2319 HK)は一時12%上げた。同社へ の20%出資で、投資会社ホプ・インベストメント・マネジメント(厚 樸投資管理)と中国最大の穀物商社傘下のコフコ(香港)が合意した ことを受けた。午前終値は2.4%高。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前日比0.7%高の18097.08。前日終値は6月24日以来の安値だっ た。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.5%高の10877.22。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE