ミナミマグロ養殖で成果挙げる豪漁業家:すし向け持続的生産に意欲

ヘーゲン・シュテア氏は、経営する 養殖会社の主任研究員からの電話で、総費用約4800万ドル(約45億 8000万円)を投じたミナミマグロの養殖がついに利益につながりそう だとの知らせを受けた3月12日、オーストラリアのアデレードにある 自宅にいた。このようなケースは成功例がなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。