米国のオフィス空室率:4-6月は15.9%、4年ぶり高水準-調査

ニューヨークの不動産調査会社レ イスが7日発表したところによれば、米国の4-6月(第2四半期) のオフィス空室率は15.9%と、4年ぶりの高水準になった。失業率の 上昇と、オフィススペースの需要後退が背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。