アジア店頭デリバティブ決済機関の設立は行き詰りか-ユーロクリア

欧州最大の証券決済機関ユーロクリ アバンクによると、アジア太平洋各国当局が主要な決済機関の設立を通 じて店頭デリバティブ(金融派生商品)取引のリスク軽減を試みる取り 組みは、市場が未成熟で細分化されているため、各国の計画段階で行き 詰まる可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。