中国:新疆ウイグル自治区の暴動で1434人を拘束-156人が死亡

中国政府は7日、新疆ウイグル自 治区の区都ウルムチで5日発生した暴動鎮圧に向け、これまでに1434 人を拘束、2万人余りの治安要員を配置したことを明らかにした。

ウルムチでは現地時間7日午前8時(日本時間同9時)に夜間外 出禁止令が解除された。ただ、インターネットと電話回線は引き続き 不通で、ウイグル自治区のテレビニュースも放送を中止している。

広東省の玩具工場でウイグル族の出稼ぎ労働者が死亡した事件を めぐるデモが流血の民族暴動に発展し、死者は少なくとも156人に達 した。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP) によると、死者の大半が漢民族だったという。漢民族は中国人口13 億人の90%余りを占め、一部のウイグル族は漢民族がウイグル自治区 を植民地化し、文化を脅かしていると非難している。

国営新華社通信は、海外にいるウイグル分離独立派が中国からの 独立の動きをあおる目的で広東省の事件を利用したと伝えた。世界的 な金融危機で米欧からの需要が減少するなか、最大3000万人の出稼 ぎ労働者が職を失い、既に高まりつつあった社会的緊張がさらに悪化 している。

--John Liu in Urumqi and Dune Lawrence in Beijing. With assistance from Edwin Chen in Washington, Nerys Avery, Eugene Tang and Sanchez Wang. Editors: Ben Richardson.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net  Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Dune Lawrence in Beijing at +86-10-6535-2337 or dlawrence6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bill Austin at +81-3-3201-8952 or billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE