中国人民銀局長:中国の4-6月成長率は最高7.5%に加速の可能性

中国人民銀行研究局の張建華局長 は、中国の4-6月期の経済成長率が最高7.5%に加速した可能性があ るとの見解を示した。固定資産投資と融資の急増をその理由に挙げた。 1-3月期の中国の国内総生産(GDP)伸び率は前年同期比6.1%。 同局長は政府支出とマネーサプライの急増で、7-9月の成長率が 8%、10-12月が9%に達する公算があるとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。