住友鉱株続落、金属市況の不透明感で収益期待後退-三菱U証格下げ

住友金属鉱山の株価が一時、前 日比4.4%安の1284円と3日続落。6日のニューヨーク銅先物相場 が約1週間ぶりの大幅な下落率を記録し、金属市況の先行きに不透明 感が出ている。株価は市況好転による業績上振れ期待を織り込み済み とし、三菱UFJ証券は投資判断を引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。