米海軍が監視中の北朝鮮船舶が帰港の途-国連制裁決議の圧力で

米海軍は6日、不正な兵器技術 を積んだ疑いのある北朝鮮船舶が、国連安全保障理事会による制裁 決議の圧力により、積載物を降ろさないまま帰港を余儀なくされた ことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。