日機装株が買い気配値上げる、独レーバを230億円で買収と発表

化学用精密ポンプ、人口腎臓メーカ ーの日機装の株価が買い気配値を切り上げている。製油所向けなどの大 型ポンプで世界最大手の独レーバを買収する、と7日午前7時30分に発 表、業容拡大を見込む買いが優勢となった。買収額は230億円。日機装 の主力は小型ポンプで、レーバを傘下に入れることで製品の一貫供給体 制を構築できるとするほか、欧州に強いレーバとの相乗効果も狙えると いう。午前9時22分時点の買い気配値は、前日比7.3%高の739円で、注 文状況は売り6万3000株に対し、買い11万7000株。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。