豪中銀:政策金利を3カ月連続で3%に据え置きか-きょう発表

オーストラリア準備銀行(RBA) は7日の政策決定会合で、政策金利である翌日物オフィシャル・キャ ッシュレートを3カ月連続で3%に据え置く見通しだ。半世紀で最も 低い借り入れコストや政府の財政出動に支えられ、豪州が世界的なリ セッション(景気後退)を回避しつつある兆しが見られる。

ブルームバーグ・ニュースがアナリスト20人を対象に実施した調 査によると、全員が金利据え置きを予想している。政策決定はシドニ ー時間午後2時半(日本時間同1時半)に発表される。

豪州は政府の給付金支給や利下げで個人消費の促進が図られたこ とで、中国やインドと並んで1-3月(第1四半期)にプラス成長を 確保した数少ない国の1つとなった。ただ、最近の統計で輸出が1年 2カ月ぶりの低水準に落ち込んだことや、銀行融資の減少、住宅建設 許可件数が2002年以来最大の減少を記録したことなどが示されてお り、成長率は鈍化する恐れがある。

ウエストパック銀行のチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏(シ ドニー在勤)は「RBAは『様子見』モードで、これまでの積極的な 利下げの効果を見極めようとしている」とした上で、「追加刺激の差 し迫った必要があると考える可能性は低い」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE