UBSの景気循環指数:4-6月はマイナス2.6-過去最低を記録

スイスの銀行UBSは7日、同行 がまとめる景気循環指数が4-6月(第2四半期)に過去最低となっ たことを明らかにした。新規受注や売り上げ、利益が落ち込んだほか、 雇用削減が加速したことが背景。

UBSは電子メールで配布した資料で、同指数がマイナス2.6と、 1-3月(第1四半期)のマイナス1.4から低下したと発表。これは、 1981年にデータを取り始めて以降で最も低い水準。

同行は「スイスの事業会社は今年困難なスタートを切ったことか ら、第2四半期は余裕がなかった」とした上で、「7-9月(第3四半 期)の見通しも依然暗い状況だ」と指摘した。

UBSは「食品メーカーと建設業は比較的良かった」としながら も、「機械や電気工学、金属業界は経済危機の打撃を特にひどく受け、 第2四半期の売上高は第1四半期よりも一段と大きく落ち込んだ」と 説明した。

景気循環指数は、UBSが6月に工業・サービス会社およそ750 社を対象にまとめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE