シカゴ穀物先物相場:軒並み下落-米景気の回復鈍化の兆しを嫌気

シカゴ商品取引所(CBOT)では 6日、トウモロコシや大豆、小麦が軒並み下落した。米景気の回復が 予想より鈍化する可能性があるとの見方から、商品からドルへの投資 資金の移行が加速した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。