カナダ・ドル:ほぼ変わらず、一時5月中旬以来の安値-商品と株安で

6日の外国為替市場で、カナダ・ド ルは前日比ほぼ変わらず。原油や銅などの商品相場と株式相場の下落 で、一時は5月18日以来の安値を付ける場面もあった。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時22分(日本時間7日午前 5時22分)現在、1米ドル=1.1596カナダ・ドルで取引されている。 一時は1.1679カナダ・ドルまで下落。3日は1.1607カナダ・ドル だった。

ブルームバーグのデータによると、カナダ・ドルの対米ドルでの パフォーマンスは主要16通貨のうち、先月は最悪だったが、この日 は5番目に良かった。RBCキャピタルのシニア為替ストラテジスト、 デービッド・ワット氏(トロント在勤)は「カナダ・ドル相場は6月 中、実にひどく下落した」と述べ、「上昇余地があるので、他通貨をし のぐ可能性がある」と指摘する。

カナダ国債市場では、10年物国債(表面利率3.75%、2019年 6月償還)の利回りが、前営業日比1ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下し、3.34%。一時は5月26日以来の低水準である

3.31%を付けた。価格は11セント高の103.43カナダ・ドルだった。 世界的な景気回復が失速する恐れがあるとの観測で、資金が比較的安 全な資産に流入した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE