NY銅先物:約1週間ぶり大幅下落-在庫増加とドル高で

6日のニューヨーク銅先物相場は約 1週間ぶりの大幅な下落率となった。ロンドンと上海の在庫増加が続き 需要の軟調さが示されたことや、ドル高が嫌気された。

ロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫は2日まで40 営業日連続で減少した後、2営業日続けて増加。主要6通貨のバスケッ トに対するドル指数は最大0.6%上昇し、インフレヘッジとしての商品 需要を抑えた。

ナショナル・セキュリティーズの主任マーケットストラテジスト、 ドナルド・セルキン氏は「在庫増加とドル高の組み合わせが、銅価格に マイナスの影響を与えている」として、「銅相場の先行きに、人々は神 経質になりつつある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 相場9月限終値は、前営業日比4.3セント(1.9%)安の1ポンド=

2.2625ドル。中心限月としては6月30日以来の大幅な下落率だった。

LME指定在庫の銅在庫は、前営業日比900トン(0.3%)増の26 万9175トン。上海先物取引所の指定倉庫の銅在庫は先週6.9%増加し、 5万9980トンだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE