7月6日の海外株式・債券・為替市場

(米国株、NY外為を最新版に差し替えます)

○米国株:米株式相場は上昇。商品株が下落し、S&P500種株価指 数は取引終盤までマイナス圏で推移していたが、世界的な信用市場改 善期待から買いが盛り返し、引け際プラスに転じた。

格付け会社、ムーディーズ・インベスターズ・サービスがブラジ ルの信用格付けを引き上げる方向で見直すと発表したのが好感され、 ゴールドマン・サックス・グループやJPモルガン・チェース、バン ク・オブ・ニューヨーク・メロンが上昇、S&P500種株価指数の金 融株は下落分を帳消しにした。

スタイフェル・ニコラスの株式投資判断引き上げをきっかけに、 クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが上昇。フィリップ・ モリス・インターナショナルを中心に消費財株価指数は上昇、全10 セクターのなかで最大の値上がりだった。

セキュリティ・グローバル・インベスターズの資産運用担当者、 マーク・ブロンゾ氏は「最近の格付け会社の発表といえば格下げだっ た。それが、注目される新興国についての前向きなニュースとなると、 市場参加者はやや買い材料と受け止めた」と述べた。

S&P500種株価指数は前営業日比0.3%高の898.72。ダウ工業 株30種平均は44.13ドル(0.5%)上昇の8324.87ドルで終えた。

S&P500種金融株価指数

S&P500種金融株価指数は0.8%高。一時は1.3%安まで売り 込まれる場面もあった。ムーディーズは、ブラジルは世界経済の「衝 撃に持ち応えた」として、同国の信用格付けを投資適格級に引き上げ る方向で見直すと発表した。

ウェドブッシュ・モルガン・セキュリティーズのマネジングディ レクター、マイケル・ジェームズ氏は、「ブラジル格上げの可能性は 市場全体にとって明らかに前向きなニュースだ。特に金融部門にとっ ては良い材料だ。多くの米銀がブラジルの債券に投資していることを 考慮すると、株主にとっては純粋に明るいニュースだ」と述べた。

S&P500種産業別10指数の値上がり銘柄のうち、生活必需品 株や公益事業株、ヘルスケア株および電気通信サービス株が上位5位 以内に入った。

米供給管理協会(ISM)が発表した6月の非製造業総合景況指 数は47と、前月の44から上昇した。同指数は50がサービス業活動 の拡大と縮小の境目を示す。

フィリップ・モリスは2.8%上昇した。米電力最大手サザンも高 い。

スプリント・ネクステル高い

携帯電話事業者のスプリント・ネクステルは3.5%高。オーリガ USAは同社の加入者見通しが改善したとして、同社の株式投資判断 を「ホールド」から「買い」に引き上げた。

S&P500種は6月12日以降、5%下落している。同指数の値 上がりが景気回復見通しを上回るペースだとの懸念が背景。S&P 500種構成企業の株価収益率(PER)は14.2倍。6月2日は同

15.5倍まで上昇していた。

ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均によると、S& P500種採用企業の第2四半期(4-6月)決算は34%減益、第3四 半期が21%減となっている。今年第1四半期は約60%減益だった。

○米国債:米国債市場では2年債が3営業日続伸。米連邦準備制度理 事会(FRB)が70億ドル相当の米国債を購入したことや、インフ レ連動国債(TIPS)の入札で需要が9年ぶりの高水準に達したこ とを好感し、買いが入った。

今週の一連の入札を控え、10年債はほぼ変わらず。一方、短期 債が上昇し、利回り差は過去2週間余りでの最大に拡大した。米供給 管理協会(ISM)が発表した6月の非製造業総合景況指数は9カ月 連続でサービス業活動の拡大と縮小の境目を示す50を割り込んだ。 発行額80億ドルの10年物TIPS入札では応札倍率が2000年以来 で最高となった。

UBSセキュリティーズの米国債ストラテジスト、ウィリアム・ オドネル氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「過去 3カ月、非常に好調だったリスク資産に対する見直しが始まっている。 そのため、2週間前の入札やこの日のTIPS入札が示すように、米 国債市場に資金が戻ってきている」と指摘した。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後3時53分現在、2年債利回りは前営業日比5ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01ポイント)低下の0.94%。一時は0.9252% と、6月4日以降の最低を付けた。2年債(表面利率1.125%、2011 年6月償還)価格は3/32上げて100 12/32。10年債利回りは3.50% と、前営業日から変わらず。

2年債に対する10年債利回りの上乗せ幅は一時、2.61ポイント と、6月19日以来で最大になった。

入札

10年物TIPS入札では最高落札利回りは1.920%と、入札直前 の市場予想の1.933%を下回った。投資家の需要を測る指標の応札倍 率は2.51倍と、前回4月の2.25倍を上回り、2000年以降で最高と なった。

海外中央銀行を含む間接入札の落札全体に占める割合は49.7%。 前回は26.2%。最近の入札で間接入札の割合が上昇していることに ついては、規則の変更により、一部の顧客がディーラーの分類から外 れたことが影響している可能性がある。

クレディ・スイス・セキュリティーズUSAの金利ストラテジス ト、アレックス・リー氏は入札について「かなり好調だった」と指摘。 「TIPSは過去数週間、通常国債との利回り差やインフレ調整後の 利回りからみて、割安感がかなり高まっていた。投資家にとってこの 水準は魅力的だ」と語った。

10年物のTIPSと通常国債の利回り差は1.62ポイントに縮小 した。これは5月19日以来で最小。利回り差は6月10日には最大

2.13ポイントまで拡大していた。

底入れ観測が後退

ISMの非製造業総合景況指数は47と、前月の44から上昇し、 ブルームバーグがまとめた予想(46)も上回った。同指数は50を下 回るとサービス業活動の縮小を示す。同指数は昨年10月以降9カ月 連続で50を下回ってきた。

前週は雇用統計で雇用の減少ペースが予想を上回り、失業率が

9.5%とほぼ26年ぶりの高水準に達したことが買いを誘った。

ウェルズ・ファーゴ・キャピタル・マネジメント(ミルウォーキ ー)で約30億ドルの資産を運用するジェイ・ミューラー氏は「底に 近いとの見方に市場は疑問を抱いている。問題はまだ解決されていな いとの認識が再び強まっており、短期的には2年債の方が長期債より も上昇するだろう」と指摘した。

FRBは借り入れコストを抑制するため、最大3000億ドルの米 国債購入計画を実施しており、その一環としてこの日は償還期日 2014年1月から16年3月までの国債を70億ドル購入した。3月25 日に始まった国債買い切りオペによる購入総額は1977億2300万ドル。

経済情勢「読み違え」

バイデン米副大統領は5日、ABC放送の番組「ジス・ウィー ク」に出演し、議会が7870億ドル(約75兆6000億円)の景気対策 法を成立させれば失業率が8%でピークに達すると予想した時点で、 オバマ政権が「経済情勢を読み違えた」ことを認めた。ただ、追加的 な景気刺激策の策定を議論するのは時期尚早だとした。

今週は合計4回の入札が実施される。発行額は7日の3年債が 350億ドル、8日の10年債は190億ドル、9日の30年債は110億ド ル。

RBCキャピタル・マーケッツの米国債トレーディング責任者、 トーマス・トゥッチ氏は「今週の主な材料は入札になるだろう」と話 した。

○NY外為:ニューヨーク外国為替市場では円が対ユーロで5月以来 の最長となる3営業日続伸。世界的に景気回復が足踏みするとの観測 から資金を逃避させる動きが進んだ。

ドルと円は対ユーロでほぼ2週間ぶりの高値を付けた。S&P 500種株価指数が一時1.1%安で推移するなど、世界的な株価下落が 背景にある。ノルウェー・クローネや南アフリカ・ランド、ブラジ ル・レアルは対ドルで下落。原油をはじめ商品価格の落ち込みが材料 視された。

ウェルズ・ファーゴの為替ストラテジスト、ヴァシーリ・セレブ リアコフ氏(ニューヨーク在勤)は「典型的なリスク回避の取引だ。 円を筆頭にドルも買われている」と指摘。「景気回復は望んでいたほ ど強固なものにはならないとの兆候が増えており、金融市場の強気な 見方は現実に合わせて調整されなくてはならない」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時3分現在、円は対ユーロで0.8%高の 1ユーロ=133円26銭(前週末は同134円26銭)。一時は6月23 日以来の高値となる同131円74銭まで値上がりした。ドルは対ユー ロで1ユーロ=1.3978ドル(前週末は同1.3980ドル)。一時は同

1.3877ドルを付ける場面もあった。円は対ドルで0.7%高の1ドル= 95円33銭(前週末は同96円4銭)。

ドルと円は株価が持ち直すと上げ幅を縮小。米財務省がこの日実 施したインフレ連動国債の入札が予想より順調だったことから、大量 の国債発行に需要が追いつかないとの懸念が和らいだ。

ポンド安

英ポンドは対ドルで一時1.5%下げ、1ポンド=1.6096ドルを付 けた。イングランド銀行が景気てこ入れに向け追加措置を計画してい るとの見方が背景。ポンドは先週、同中銀が資産購入の規模を250億 ポンド(約3兆8560億円)拡大する可能性があるとの英紙サンデ ー・タイムズの報道を受け1.2%値下がりした。

インド・ルピーは対ドルで最大1.4%安。日中取引では6月8日 以来の大幅下落。同国のムカジー財務相がこの日、道路や電力、貧困 層支援向けの財政支出を賄うため、過去最大となる4兆5100億ルピ ー(約8兆8500億円)規模の借り入れ計画を明らかにしたことが背 景。

ノルウェー・クローネは対円で1.6%安。同国最大の輸出品であ る原油がこの日約4%値下がりしたことが嫌気された。南アフリカ共 和国・ランドは0.5%安、ブラジル・レアルは0.8%下落。商品はブ ラジルの輸出の3分の2、南アフリカでは30%を占める。

「確固としたリターン」

UBSのアナリスト、ガレス・ベリー氏(ロンドン在勤)は6日 付調査リポートで、UBSの顧客は先週、株式市場の「動揺」に伴い 「リスク志向が全般に弱まり始めた」のを背景に、ドルへの投資で 「確固としたリターン」を得たと記述。UBSによると、米国では休 日だった3日もドルへの資金流入規模は大きく、週間ベースでも通常 の水準に達したほどだった。

ベリー氏は「旺盛なドル買いにもかかわらず、当社の顧客は3カ 月ベースではドルをわずかにショート(売り持ち)に維持。先週の買 いはショート(売り持ち)ポジションの買戻しが殺到したことに起因 し、必ずしもドルのファンダメンタルズに対する信認を意味するもの ではない」と付け加えた。

S&P500種株価指数は先週2日、米労働省が発表した6月の雇 用統計で失業率が26年ぶり高水準の9.5%に上昇したことを受け

2.9%値下がりした。

バイデン米副大統領は5日、ABC放送の番組に出演し、オバマ 政権は議会が景気対策法案を可決すれば失業率は8%でピークに達す ると予想した時点で、「経済情勢を読み違えた」と述べた。

ユーロは対円で5月13日以来の最長となる3営業日続落。米サ ブプライム住宅ローンン危機による打撃をドイツで最初に受けたIK Bドイツ産業銀行が4日、3月通期損失を5億8000万ユーロと明ら かにしたことが背景。欧州中央銀行(ECB)の政策金利1%に対し、 日本銀行は0.1%に設定している。

○英国債:英国債相場は上昇。イングランド銀行(英中央銀行)が資 産購入計画の一環として買い取った35億ポンド相当の英国債の価格 が市場価格を上回ったのが手掛かりだった。また企業利益の悪化見通 しで株価が下げたのも、国債への資金流入につながった。

イングランド銀は償還期限2020年から2032年までの国債を購入。 2020年3月償還期限の英国債(表面利率4.75%)11億ポンドの購入 価格は平均で109.52だった。ブルームバーグの算出によると、購入 前の同国債の市場価格は109.21だった。

イングランド銀は、英政策金利が発表される前日の今週8日も償 還期限2015年から2019年の英国債30億ポンド相当を購入する予定。 同銀は量的緩和策の一環として1250億ポンドの債券購入計画を明ら かにしている。

ロンドン時間午後5時12分現在、10年債利回りは前営業日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ3.67%となった。 同国債(表面利率4.5%、2019年3月償還)価格は0.51ポイント上 げ106.74。2年債利回りは6bp下げ1.18%だった。

○欧州債:欧州債市場では、ドイツ国債相場が上昇。景気回復腰折れ への懸念から株式相場が下落し、安全投資としての国債需要が高まっ た。

独2年債利回りは一時、ほぼ4カ月ぶりの低水準となった。7月 のユーロ圏投資家信頼感指数が予想外に低下したことも材料となった。 欧州株の指標であるダウ欧州600指数と、米国のS&P500種株価指 数はいずれも低下した。

WestLBの債券ストラテジスト、ジョン・デービーズ氏(ロ ンドン在勤)は6日付リポートで、「経済指標の発表が特になかった ことから、この日の国債取引は株価の動向に注目していた。発行市場 で国債と社債の動きが低下するなか、大規模な償還が国債の支援要因 となり続けるだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時36分現在、2年債利回りは前週末比3ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ1.21%となった。一 時は1.19%と、3月9日以来の低水準を付けた。同国債(表面利率

1.5%、2011年6月償還)価格は0.05ポイント上げ100.56。10年債 利回りは3.30%と、前週末から4bp低下した。

東京ニューズルーム  +81-3-3201-8900

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net

種類別ニュース: 為替 NI FRX 、 NI JFRX、 NI FX NI KAWASE 経済 NI ECO 、 NI JNECO 、 NI JEALL 中央銀行 NI CEN 、 NI JCEN EMU(欧州経済通貨同盟) NI EMU 英国債 NI GLT 債券 NI BON 国債 NI GBN   欧州国債 NI EUB マネーマーケット NI MMK 英国経済 NI UKECO 米国債 NI USB 米国株 NI USS 株式 NI STK 米国預託証券(ADR) NI ADR ミューチュアル・ファンド NI FND 欧州国債 NI EUB 独債券 NI BND 仏債券 NI OAT 英国債 NI GLT 伊国債 NI BTP スペイン国債 NI SMB ベルギー国債 NI BBB オランダ国債 NI NAB 金融市場 NI JMALL 海外市況 NI TOPJF 証券市場まとめ NI WRAP トップニュース NI TOP、 NI TOPJ 海外トップニュース NI TOPKAIGAI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE