米ディスカバー、普通株売却を計画-資金調達や公的資金返済が狙い

米クレジットカード会社ディスカバ ー・ファイナンシャル・サービシズは6日、5億ドル(約480億円) 規模の普通株売却を計画していることを明らかにした。自社向けの資金 調達や、米政府への公的資金返済が狙い。

発表文によると、売却益はディスカバーの事業や一般的な企業目的 にも充当する可能性がある。米銀JPモルガン・チェースを中心とする 引き受け幹事は需要に応じて、株式売却の規模を15%増やす公算があ る。ディスカバーは債券発行も計画している。

ディスカバーは3月、米財務省の金融安定化策に基づき12億ドル を受け入れた。デービッド・ネルムス最高経営責任者(CEO)は6月、 返済を急ぐ考えがないことを示した。同業のアメリカン・エキスプレス (アメックス)やキャピタル・ワン・ファイナンシャルは先月、約70 億ドルの公的資金を返済している。

ディスカバーの株価終値は前営業日比36セント(3.6%)高の

10.50ドル。時間外取引では一時、9.85ドルに下落した。年初来騰落率 はプラス10%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE