ECBのカバード債購入、既にスプレッド縮小に寄与-6日初回実施

欧州中央銀行(ECB)のカバー ドボンド購入計画は、実施前から既に、同市場を再活性化させるとい う中銀の目標を達しているようだ。ECBは6日に初回の購入を実施 する。

カバードボンドと同年限の国債の利回り格差(スプレッド)はE CBが最大600億ユーロ(約8兆円)相当を購入する計画を示して以 来の2カ月で急激に縮小した。カバードボンドは不動産向けや公的部 門向けの融資を裏付けとした金融債。ECBは発行規模が1億ユー ロ以上で年限3-10年のカバードボンドを購入する。

ソシエテ・ジェネラルの債券ストラテジスト、シアラン・オハガ ン氏は3日のインタビューで、「ECBはまだ1セントも使っていな いが、既に大きな影響を与えるのに成功した」と述べた。ECBのト リシェ総裁は2日、カバードボンド購入の方針を再確認し詳細を公表 した。「中銀が市場に資金を注入するという警告だけでも非常に強力だ。 うまいパフォーマンスだった」とオハガン氏は論評した。

メリルリンチの指標によると、ECBが購入計画を発表した5月 にはカバードボンドのスプレッドは111ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)だった。計画発表後は85bpまで縮小している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE