NEC:中堅向けシステム構築の国内販売、4-5年後に80%増目指す

パソコン国内最大手NECは今期 (2010年3月期)で2500億円の見込みである中堅顧客向けシステム 構築サービスの国内売上高を、4-5年後に80%増やし4500億円と する計画だ。岩波利光執行役員常務が、6日に都内で開いた営業体制 再編の発表会で明らかにした。

10月をめどに、中堅顧客向けサービスのうち、東名阪地域の営業 を完全子会社のNECネクサスソリューションズに移管、他地域の営 業をNEC本体に統合する。グループ内の交通整理を通じた体制効率 化で、販売増を図る。中堅顧客の対象には、年商500億円以下の企業 のほか、自治体や病院なども含まれる。

IT(情報技術)サービス国内最大手の富士通も5月に、子会社 富士通ビジネスシステム(FJB)の全株取得を通じて、国内の中堅 顧客向けサービスを強化すると発表。前期(09年3月期)3500億円だ った売上高を14年3月期には5000億円程度まで増やす、としていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE