今日の国内市況:株続落、債券堅調-円上昇・景気底打ち観測が後退

週明けの日本株相場は続落し、2008 年10月27日以来の4日続落となった。ばら積み船の国際運賃指標で あるバルチック・ドライ指数が大幅安となり、市況回復期待の後退で 商船三井など大手海運株の下げが目立った。景気や企業業績の先行き 不透明感を背景に、国際石油開発帝石やJFEホールディングスなど 石油や素材関連株といった景気敏感業種が売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。