ガソリン相場:ピーク打つ可能性-製油所の高稼働率と需要減退で

今年の商品相場で最も上昇率が高 いガソリン相場がピークを打ちつつあるかもしれない。製油所の稼働 率が過去最高水準近くまで上昇する一方で、失業率の上昇や世界的な リセッション(景気後退)の影響で需要が減退しているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。