GMの資産売却を破産裁が承認-財務省出資の受け皿会社へ

米連邦破産裁判所は5日、会社更生 手続きを進めている米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が、 資産の大半を米財務省出資の受け皿会社へ売却することを承認した。 これにより、オバマ政権の米自動車産業再編に向けた努力に弾みがつ くこととなった。残る資産については、リストラ専門家が数年間かけ て清算することになる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。