パソナG株がストップ高、販管費圧縮で前期利益上振れ(Update1)

人材派遣最大手のパソナグルー プの株価が一時、制限値幅いっぱいのストップ高。社員の残業抑制な どで販売管理費を圧縮、前期(2009年5月期)の連結純利益は会社 側の前回予想を63%上回る3億1000万円になったもようだ。役員 退職慰労金制度を廃止、同引当金の戻入益もあったため、アナリスト らの予想値を大きく上回ったことが好感された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。