ニッセンH株が7年ぶり安値、カタログ不振で業績減額

通信販売大手のニッセンホールデ ィングス株が一時前週末比13%安の330円と大幅続落し、2002年 2月7日(311円)以来、約7年5カ月ぶりの安値を付けた。カタロ グ経由の通販が振るわず、商品単価を引き下げたことも響き、今期 (2009年12月期)業績計画を3日に下方修正した。配当金の減額 も決定し、収益と株主配分の悪化を嫌気した売りが膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。