円強含み、世界景気の先行き不透明感でリスク回避に圧力-G8警戒

東京外国為替市場では円が強含み に推移した。世界的な景気の低迷が意識されやすく、リスク回避に伴 う円買いに圧力がかかった。また、イタリアで開かれる主要首脳国会 議(ラクイラ・サミット)を控えて、ドル以外の新たな基軸通貨をめ ぐる議論が警戒され、ドルの上値が抑えられた面もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。