日本株は8カ月ぶりの4日続落、海運や素材株安い-決算待ちで閑散

週明けの日本株相場は、2008年10 月27日以来の4日続落となった。ばら積み船の国際運賃指標であるバ ルチック・ドライ指数が大幅安となり、市況回復期待の後退で商船三井 など大手海運株の下げが目立った。景気や企業業績の先行き不透明感を 背景に、国際石油開発帝石やJFEホールディングスなど石油や素材関 連株といった景気敏感業種が売られた。

農林中金全共連アセットマネジメント運用部の中村一也次長は、 「3月安値から日経平均は4割近く急ピッチで上昇したため、相場はス ピード調整となっている。1万円を超えて上昇に弾みが付くためには、 生産回復の見通しの確度が高まることなどが必要。当面相場はこう着感 が強まりそうだ」と指摘した。

日経平均株価終値は、前週末比135円20銭(1.4%)安の9680円 87銭。TOPIXは同8.20ポイント(0.9%)安の912.42。

前週末3日の米国株式市場は、米独立記念日の振替休日で休場だっ た。米国では、今週からアルミ大手のアルコアを皮切りに企業の四半期 決算発表が本格化する。休場後の米市場や決算の動向を見極めようと、 週明けの東京市場も全般的に様子見機運の展開となった。東証1部売買 高は16億4231万株と、今年4番目の低水準(半日立会い除く)。

東洋証券の大塚竜太情報部長によると、「米国は今週から、国内で は月末から決算発表が始まるため、手を出しにくい。日経平均で1万円 から上を買うには業績を見たいという人は多い」という。

下落率上位は海運や鉄鋼、鉱業

様子見ムードが強いなか、鉱山資源などを運搬するばら積み船の運 賃指標であるバルチック・ドライ指数が、3日の取引で前日比4%安と 約1カ月ぶりの高い下落率を記録したことを受け、海運指数が東証業種 別33指数の下落率1位となった。市況回復に伴う収益改善期待が後退、 指数を構成する10銘柄のうち8銘柄が下げた。

このほか、業種別下落率上位にはJFEホールディングスなどの鉄 鋼や住友金属鉱山など非鉄金属といった素材関連、国際石油開発帝石な ど鉱業や石油・石炭製品が並んだ。

日経平均は午前の取引中ごろから下げ幅を拡大、一時は165円安の 9650円と、6月25日以来、約1週間ぶりの安値を付けた。午後は日経 平均の高安のレンジが約50円にとどまり、こう着感を強めた。東証1 部の騰落状況は値下がり銘柄数1043、値上がり530。東証業種別33指 数のうち、下落は29、上昇は4。

ニッセンは7年超ぶり安値

これまで人気化していた材料銘柄の持ち高を減らす動きも出て、東 証1部市場の売買代金上位ではジーエス・ユアサ コーポレーション、 明電舎などの環境関連株が安い。個別では、3-5月の連結純利益が前 年同期比81%減となったイオンクレジットサービスが約1カ月半ぶり の安値。カタログ販売不振で業績と配当予想を減額修正したニッセンホ ールディングスは急落し、02年2月上旬以来の安値を付けた。

ディフェンシブ株が上昇

半面、東京電力など電気・ガス、NTTなど情報・通信、武田薬品 工業など医薬品株といった景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ 業種が上昇。個別では、第2四半期末の配当予想を従来に比べ25円増 額したリソー教育が一時ストップ高と、07年10月11日以来の高値を 更新した。

野村証券が投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた電気化学 工業とアスクルが大幅反発。社員の残業抑制などで販売管理費を圧縮し、 09年5月期の連結純利益が従来予想を63%上回ったもようのパソナグ ループはストップ高。

マザーズとジャスダック指数は年初来高値

新興市場は軒並み上昇。ジャスダック指数は前営業日比1.3%高の

49.48、東証マザーズ指数は同3.9%高の464.47、大証ヘラクレス指数は 同0.1%高の646.21。マザーズ指数は08年9月3日以来の高値、ジャ スダック指数は08年10月6日以来の高値を更新した。

個別では、ニューフレアテクノロジーなどLED関連銘柄が大幅高。 三菱商事、三菱樹脂、ジェイエスピーの3社と資本提携を行うと発表し た中央化学も大幅反発した。半面、日本マクドナルドホールディングス、 エヌ・ピー・シーなどが売られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE