債券相場は堅調、現物の好需給や株安支え-長期金利3月以来の低水準

債券相場は堅調(利回りは低下)。 前週後半に現物買いが入った地合いを引き継いだほか、株価が続落した ことも先物市場を中心に買い材料視された。投資家からの取引は総じて 控えられたものの、10年債利回りは3月下旬以来の低水準に達した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。