トレンド追う通貨ファンドは成績不振-市場の方向性欠如で

世界最大の通貨ヘッジファンド、 FXコンセプツは今年1-5月期の運用成績がマイナス5.4%だった。 また、ジョン・W・ヘンリー社は同社の通貨ファンドがマイナス2% に低迷していると投資家に報告した。同社のファンドは2008年に76% 高と1986年に運用を開始して以降、最高のリターンを記録していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。