横浜市債の需要調査、対国債スプレッドはプラス10bP台前半

横浜市が発行を予定している5年物 と10年物の公募債は、国債利回りに対するスプレッド(金利の上乗せ 幅)が10ベーシスポイント(bp)台前半で提示されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。