米国債のサマーラリー、今年は再現ならずか-財務省の大量発行で

6兆4500億ドル(約620兆円)規 模の米国債市場で、これまで最善の投資策とされてきたことが、もはや 確実でないかもしれない。

6-9月の10年物米国債利回りは過去20年のうち15年で平均 35ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下している。米政府 が国債入札の多くを終え、投資家は米国債投資で受け取った金利を再投 資してきたことがある。利回りが低下しなかったのは直近では2005年 で、34bp上昇した。この年には米連邦準備制度理事会(FRB)が 利上げを実施している。

ガイトナー米財務長官が過去最大の財政赤字に対応するため国債発 行を加速するなかで、投資家が「サマーラリー(夏の上昇相場)」の再 来を予測しても、期待外れとなる可能性がある。プライマリーディーラ ー(政府証券公認ディーラー)のバークレイズによると、1-6月(上 期)に米国債は9630億ドルが起債されたが、年内にはさらに1兆 1000億ドル相当が発行される公算がある。7-12月(下期)の発行額 は2008年全体を上回るもようだ。

ドイツ銀行のプライベートバンク部門の債券トレーディング責任者 で、1978年から米国債市場にかかわっているゲーリー・ポーラック氏 はサマーラリーについて「私はかつて信奉者だった」とした上で、「発 行が必要な米国債の規模はゲームの流れを変える。財務省のニーズを受 けて、通常はこうした季節要因が作用するが、もはや当てはまらない」 と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE