新型迎撃ミサイル導入を検討、地上配備型、迎撃3段構え-毎日

5日付の毎日新聞は、防衛省が現在 保有している海上配備型迎撃ミサイル(SM3)、地上配備型迎撃ミサ イル(PAC3)に加えて、新型迎撃ミサイルの導入を検討している ことが分かったと報じた。

報道によると、地上配備型の「高高度広域防衛システム」(THA AD、サード)と呼ばれ、防御範囲がPAC3よりも10倍程度広い。 北朝鮮の弾道ミサイルに備え、年末の「防衛計画の大綱」や「中期防 衛力整備計画」の改定に反映させることも視野に入れているという。

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki +81-3-3201-8594 isuzuki@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE