日本政府:北朝鮮ミサイル発射を確認-「重大な挑発行為」

日本政府は4日、北朝鮮が同日午 前8時ごろ弾道ミサイルを発射したことを確認した。北朝鮮沿岸近くの 日本海に落下したとみられるとしている。河村建夫官房長官が同日午前、 声明で発表した。

河村氏は声明で「わが国を含む近隣国への安全保障上の重大な挑発 行為」だと厳しく非難。「わが国として容認できるものではなく、北朝 鮮に対して厳重に抗議し、遺憾の意を表明する」と訴えた。

河村氏はその上で、今回のミサイル発射は国連安全保障理事会決議 1695号、1718号、1874号に違反する行為だと主張。北朝鮮に対して、 ①弾道ミサイル計画に関連するすべての活動の停止②関連する安保理決 議の即時・完全な履行③拉致、核、ミサイルの諸懸案の包括的な解決へ 具体的な行動-を求めた。

日本政府は4日午前9時45分、官邸内の「北朝鮮による核実験実 施情報に関する官邸対策室」を「北朝鮮による核実験・弾道ミサイル発 射事案に関する官邸対策室」に改組し、警戒・監視と情報分析などを開 始した。官邸報道室が発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE