ゼーリック世銀総裁:「バイアメリカン」政策は保護主義台頭への道

世界銀行のゼーリック総裁は3日、 チリのビニャデルマルで、米国製品の使用を義務付けるとする「バイア メリカン」タイプの経済政策は貿易保護主義台頭のリスクをはらんでい るとの認識を示した。

ゼーリック総裁は「自国製品の購入を推し進める政策は各国にと って魅力的だろう」とした上で、「しかし、それは1930年代に大恐慌 を深刻化させた問題へと続く道だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE