インド株(終了):センセックス上昇、ラーセン高い-週ベースも続伸

インド株式相場は上昇。指標のセ ンセックス30種株価指数は週間ベースでも続伸した。インド政府が 鉄道整備に向けた公共投資を表明するとともに、貨物と旅客の運賃を 据え置いたことが材料視され、インフラ銘柄のラーセン・アンド・ト ゥブロ(L&T)が上げを主導した。

インド最大のエンジニアリング会社、L&Tは2.6%高。鉄鋼生 産で国内最大手のタタ・スチールは4.2%上げた。政府の「鉄道予 算」を受けて、原材料輸送でのコスト上昇を回避できるとの見方から 買われた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比

254.56ポイント(1.7%)高の14913.05で終了。前週末比では 1%上げた。

L&T(LT IN)の終値は1607.55ルピー、タタ・スチール (TATA IN)は437.95ルピーだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE