人民元はドル・ユーロと並ぶ国際通貨にも-戴相龍・前中国中銀総裁

前中国人民銀行(中央銀行)総裁、 中国全国社会保障基金理事会の戴相龍理事長は3日、人民元は約10 年後には国際金融システムのなかでドルとユーロに並ぶ主要通貨とな るだろうとの見解を示した。

戴理事長は北京での会議で、「国際金融システムは各国の経済力 を反映するものであることから、ドルの主導的地位が近い将来に弱まる ことはないだろう」とした上で、10年余りのうちには、そのシステム が「地域経済によって支えられるようになり、13-20カ国の協調によ って運営されるようになるだろう」と語った。発言内容はオンラインで 公開された。

戴理事長はまた、中国が国際収支不均衡の結果として米国債の保 有を増やし続けるのは危険だとして、「中国は国際収支の構造を改革 することが急務だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE