公取委:石油各社のバイオ燃料販売姿勢に警鐘-独禁法違反の恐れ

公正取引委員会は3日、石油元売り 各社のバイオ燃料の販売姿勢について、燃料の製造過程で特定方式に 偏り他の方式の販売や製造に協力しない場合には「独占禁止法に違反 する」と警鐘を鳴らした。環境省が推す方式と石油元売り各社が進め ている方式には大きな違いがあり、公取委は消費者に選択できる体制 を整えることを求めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。