アジア株:3日続落-米欧雇用悪化で世界経済早期回復に懐疑的な見方

3日のアジア株式市場は3日続落。 セブン&アイ・ホールディングス(7&i)の減益や米欧の雇用情勢 悪化を背景に、世界経済の早期回復シナリオに対する懐疑的な見方が 広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。