エールフランスKLM:犠牲者補償が保険金上回る可能性-仏レゼコー

エールフランス・KLMグループが 先月の墜落事故の犠牲者に支払う補償金は、事故機エアバス「A330 -200型機」の補償として同社が保険会社から受け取る6740万ユー ロ(約90億円)を上回る公算が大きい。仏紙レゼコー(オンライン 版)が、仏保険大手アクサの企業ソリューション部門のディレクター 代理、パトリック・ド・ラ・モリヌリ氏の話を引用して伝えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。